アクセスカウンタ

世界平和への旅 〜そして、わが祖国編〜

プロフィール

ブログ名
世界平和への旅 〜そして、わが祖国編〜
ブログ紹介
世界平和の夢へ向かって歩み続ける旅人「きいち」の紀行文。
4年半ぶりに日本に帰国!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本もついに戦争か
本当にご無沙汰してます。この3か月、仕事に私生活に忙しく、長期の海外出張もあったりして、ブログをする間も本を読む間もないほどでしたが、家族が嫁さんの実家に帰省して、ようやく時間が出来始めたので、久しぶりにブログを再開します。もう読んでいる人も少ないでしょうが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/05 22:32
余剰の時代 2
前回の続き。『余剰の時代』(副島隆彦、2015年、ベスト新書)のまとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:36
余剰の時代
ミャンマーネタも、とりあえず書き尽くしたので、久しぶりに書評やります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:22
彭家声逆襲の理由
彭家声の逆襲から1か月半。報道が少なくなってきているが、コーカンでの紛争が終わったわけではない。どころか、ミャンマー国軍は、戦闘機まで持ち出して、中国側に領空侵犯までして、果敢軍の掃討に躍起になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/25 18:59
『コーカン紛争2009』 15.最後の賭け
ミャンマー離任も残り2週間となったある日、突然所長が、「きいちー!!」と大声で叫んだ。部屋に行ってみると、普段冷静な大ボスにしては珍しく興奮気味だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/12 08:43
311から四年(@居酒屋冬七)
登場人物: きいち:セーブ・ザ・ワールド職員、311では最初の4か月間、東北支援に携わった 冬七(とうしち):不可思議研究会会長、居酒屋冬七@国分町のマスター みかちゃん:国分町「レインボー」のNo.1キャバ嬢、居酒屋冬七には、たまに訪れる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 20:42
『コーカン紛争2009』 14.紆余曲折
年が明けて2010年1月、きいちはついに意を決した。このまま中途半端な形で、いつまでもヤンゴンで待機していても仕方がない。他国のSTW事務所に異動届けを出すことに決めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/10 08:42
『コーカン紛争2009』 13.ヤンゴンの日々
ラシューで2週間粘ったが、結局、外国人であるきいちに旅行許可証が出る見通しが立たなかったので、戦略会議に参加するため、10月初旬にヤンゴンへと一旦戻った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/09 08:13
『コーカン紛争2009』 12.果敢復帰作戦!
9月中旬、きいちはラシューでスタッフと再会を果たした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 06:36
『コーカン紛争2009』 11.果敢紛争の背景
ここで果敢紛争の背景を、簡単にまとめておこう。何故、ミャンマー軍が、果敢軍を叩く必要があったのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/07 04:51
『コーカン紛争2009』 10.果敢紛争勃発!
ここで、冒頭の話とようやくつながる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/06 08:19
『コーカン紛争2009』 9.コーカンフォーラム
コーカンに所長として着任して以来、前任者からの引継ぎ事業以外にも、何か自分で新しいことをやろうと目論んでいた。ヤンゴンの大ボスからは、「政府・援助団体とのパートナーシップ強化」というお題目ももらっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/05 08:14
『コーカン紛争2009』 8.ワ州訪問記
コーカン特別区の南に位置する、ワ州にも足を運ぶ機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 08:48
『コーカン紛争2009』 7.フィールド訪問
コーカン時代は、念願のフィールド勤務ということもあり、暇さえあればフィールドに出かけていた。 フィールドで一番困ったのは、やはり本場の果敢語はよく分からないな、ということだ。ラオカイの街中や果敢政府の高官たちとやりとりする分には、自分の北京語が通じるので結構気をよくしていたが、農民たちの話す果敢語は20%ぐらいしかわからず、スタッフの通訳なしには、意志疎通もままならなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/02 08:17
『コーカン紛争2009』 6.老大(ラオダー)
リーダーの自覚に目覚めたきいち所長は、老大(ラオダー、兄貴、ボス)としても、スタッフのプライベートに首を突っ込んでいくことになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 08:35
『コーカン紛争2009』 5.リーダーの自覚
きいちが老板(ラオバン)に頼らずに、事務所長としてリーダーの自覚が出てきたのは、ある事件がきっかけだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 08:46
『コーカン紛争2009』 4.老板(ラオバン)
さて、コーカンの背景説明が長くなってしまったが、肝心の仕事の方に話を移そう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 08:37
『コーカン紛争2009』 3.彭(ポン)主席と果敢の歴史
2009年3月11日、果敢民主同盟軍とミャンマー政府間の和平合意20周年記念式典に参加した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/24 07:47
『コーカン紛争2009』 2.果敢(コーカン)
ちょっと先を急ぎ過ぎたようなので、時間を巻き戻して、順序立てて話そう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/23 08:38
『コーカン紛争2009』 1.予兆
「終わり、終わりー!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/20 06:12

続きを見る

トップへ

月別リンク

世界平和への旅 〜そして、わが祖国編〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる