アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「思想」のブログ記事

みんなの「思想」ブログ

タイトル 日 時
余剰の時代 2
前回の続き。『余剰の時代』(副島隆彦、2015年、ベスト新書)のまとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:36
余剰の時代
ミャンマーネタも、とりあえず書き尽くしたので、久しぶりに書評やります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:22
ゆかいな仏教2
前回の続き。大乗教のややこしい考え方から、密教までわけが分からない世界に入り込んでいく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/27 19:08
ゆかいな仏教
『ゆかいな仏教』(橋爪大三郎・大澤真幸、2013年、サンガ新書)という本を読んだ。小室門下生の弟子たちによる、仏教の本質を社会学という外部の視点から読み解く対談書だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/27 08:54
個人備蓄の時代
副島本第五弾は、『個人備蓄の時代 自衛自活の”要塞を築け!”』(副島隆彦、2012年、光文社)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/16 19:33
ふしぎなキリスト教
大澤氏が素人っぽい質問をして、橋爪氏が先生のように答えていくという構成。サクサク読めて面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/15 17:43
カラマーゾフの兄弟2
『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー著、亀山郁夫訳、2006〜7年、光文社古典新訳文庫)全5巻をやっと読み終えた。3年前に購入して、実際に読み始めてから約半年かかったので、妙な達成感がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 04:52
ディベート思考
ちまたで売れてる『武器としての決断思考』(瀧本哲史、2011年、星海社新書)を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/25 23:57
正義とは2
サンデル本の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/12 03:59
正義とは
いまさらながらだが、『ハーバード白熱教室』などテレビ番組でお馴染の、アメリカのコミュニタリアニズム(共同体主義者、社会の共通善を求める人たち)論者、マイケル・サンデルの本を読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/11 04:41
B層
『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』(適菜収、2012年、講談社+α新書)を読んだ。現代日本の病理を理解するのに、うってつけの書だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/08 15:59
自由原理主義者
日本で一番ヨーロッパ哲学の系譜を分かりやすく解説してくれる、竹田青嗣先生のことを、あえて「自由原理主義者」と呼びたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/07 07:08
言語ゲーム
単なる哲学入門書だと思って読み始めたら、現代社会の難問を解くヒントがてんこ盛りだった。しかも、難しいヴィトゲンシュタインの哲学を、誰でも分かるように簡単に説明しているおススメ本。『はじめての言語ゲーム』(橋爪大三郎、講談社現代新書、2009年)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/03 03:13
日本辺境論2
前回こきおろして終わりにするつもりだったが、内田氏の本は色々と勉強になるので、残りの主張も書き記しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/15 05:15
日本辺境論
日本人はなぜ日本人とは何かを語るのが好きなのか?それは辺境人だからだ、という主張の本、『日本辺境論』(内田樹、2009年、新潮新書)。日本人固有の思考や行動を、その辺境性という宿命から論じている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 06:45
ユートピアvsディストピア
どこにも存在しない理想郷をユートピアと呼ぶが、その正反対の社会をディストピアと呼ぶらしい。人類の将来はどうなるのか、そんな答えのない骨太な課題に対して、想像力を最大限に働かせて、描いてみせる作家たちは、本当にすごい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/04 05:03
ものぐさ精神分析B 人について
岸田秀の『ものぐさ精神分析』最終回。人について、その他もろもろ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/21 23:18
ものぐさ精神分析A 性について
『ものぐさ精神分析』の続き。今回は「性」について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/21 20:01
ものぐさ精神分析
ちょっと衝撃的な本を読んでしまった。『ものぐさ精神分析』(岸田秀、1982年、中公文庫)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/19 04:19
幸福論
久しぶりに、いい本に巡り会った。読み終えるのがもったいないというか、ページをめくるのが惜しいというか、一行一行噛みしめて、何度でも繰り返して読みたい本だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/15 01:48
日本人とユダヤ人
『日本人とユダヤ人』(山本七平、2004年、角川Oneテーマ21)を読む ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/07 15:15
君主論
昔、尊敬する職場の先輩に、「この間、すごい面白い本を読んだんですよ。こんな内容なんですけどね…」と陰謀系の話を始めると、「うーん、その話確かに面白いけど、どこまで信憑性あるの。どこの出版社?」と聞かれて、「徳間書店ですけど」と答えると、「きいちも、あんまり変な本ばっかり読まない方がいいよ。岩波とかもっと古典的な本を読みなよ」と勧められた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 03:29
学問のすすめ
さて、今年も張り切って、書評やります。ブログが『世界平和への旅 〜書評編〜』に成りつつあるが、まあ気にしないで、今年の書評第一弾。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/02 03:25
ユダヤの精神
副島本レビュー第二弾。副島氏とその弟子たちが書いた『金儲けの精神をユダヤ思想に学ぶ』(副島隆彦編著、2005年、祥伝社)。この本はすごい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/09 03:56
思想系レビュー
ようやく時間ができてきたので、昔読んだ本レビュー大作戦。今回は思想系レビュー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 00:03
日本のタブー
今、日本で一番信頼のおける評論家、副島隆彦氏とその弟子たちの最新本『日本のタブー』(副島隆彦+SNSI副島国家戦略研究所、KKベストセラーズ、2010)を読んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 01:52
ダーウィンの思想
おお、きいちもついに文系から理系に転向か?と言われるかもしれないが、そういうわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/04 01:04
ダライ・ラマの思想
今年の思想シリーズ第一弾!チベット仏教。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/03 00:22
井筒俊彦の東洋哲学
クリスマス・イブの前日に、酒もないダルフールで、一人シコシコと哲学書を読んでいるきいちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/24 03:18
イスラム教・最終回 スコラ哲学(西方イスラーム哲学)
小難しいきいちのイスラム教解説シリーズも、ようやく最終回です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/14 00:08
イスラム教D スコラ哲学(東方イスラーム哲学)
読書ノートみたいになってきて、我ながらつまらないけど、一応記録として。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/13 00:28
イスラム教C スーフィズム
今日はスーフィズム(イスラム神秘主義)のお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/12 00:08
イスラム教B 思弁神学
まだまだ続く、きいちの分かりにくいイスラム教解説・シリーズ第3弾。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/11 00:38
イスラム教A スンニ派、シーア派、スーフィズム
12月は仕事もブログも全力投球!というわけで全く人気のない、きいちのイスラム教解説を再開します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 01:09
イスラム教
スーダンはアフリカの国でありながら、イスラム教国家でもある、非常にユニークな国の一つだ。一粒で二度おいしい、グリコと一緒だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/21 05:00
一夫一妻制
6月末にミャンマーから送った荷物がようやく届いた!ミャンマーで輸出通関2ヶ月、飛行機で2日、スーダンで輸入通関2ヶ月を経て、ダンボール5箱がザリンギに到着だ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/19 05:10
偽善
その名も『悪魔の用語辞典』(副島隆彦編著、2009年、KKベストセラーズ)という本を読んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/20 23:15
宗教2
キリスト教、イスラム教に続いて、今回は仏教と儒教、そして「日本教」の話。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/22 18:03
宗教
たまに外国の入国管理カードなどに「宗教」を記入する欄があり、特に何も信じていないのだが、何か聞かれた時に「無神論者です」と堂々と語れるほど弁も立たないので、いつも適当に「仏教」とか書いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/22 18:01
利己的に生きる
20代は「とにかく世界を知りたい」という気持ちが強くて、ほとんど小説を読まなかったが、30代に入ってから「小説は自分を内省するのに必要だ」と考えを改め、たまに読むようにしている。30歳を越えてから、自分の能力向上や社会の分析よりも、与えられた環境と手持ちの能力で、自分の人生を如何に生きていくか、ということに興味が移ってきたからだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/15 14:15
武士道
『武士道』(新渡戸稲造、1993年、三笠書房、奈良本辰也訳)を読む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/10 13:10
内在する論理
『国家と神とマルクス』(佐藤優、2008年、角川文庫)を読む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/01 12:57

トップへ | みんなの「思想」ブログ

世界平和への旅 〜そして、わが祖国編〜 思想のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる